FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katu1109.blog49.fc2.com/tb.php/81-6692f2e0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

日記:書籍が届きました(SAL便、9.5kg、23冊=6700円)


お母さん、いつも、ありがとう。m(__)m

これまで書籍を送ってもらう時は、EMSを使うことが多かったのですが、
今回は急いでいなかったので、料金が安いSAL便を使いました。

郵便局の公式ページには、SAL便で発送した場合、
上海に届くまでの日数は、約2週間と記載されていますが、
今回は、6日で届きました。(3日発、9日着)

ちなみに、日本から書籍を送る選択肢としては、色々ありますが、
届く日数と価格を考えるとSAL便が一番使い勝手が良い感じです。

選択肢 到着日数 料金(円)
郵便局(EMS) 2日 10,200
郵便局(航空便) 約1週間 7,850
郵便局(SAL便) 約2週間 6,700
郵便局(船便) 約2ヶ月 3,750
Amazon 2~5営業日 8,800
※1,900+(300×冊数)
ヤマト運輸(国際宅急便) 2~4日 9,200
その他の民間サービス 不明 不明
※経路は、神奈川県~中国上海市です。
※郵便局の価格は荷物が10kgの場合です。ヤマト運輸は100サイズ10kg。

■参考サイト
郵便料金計算サイト(郵便局)
ヤマト運輸の料金表
Amazonの料金表

それにしても、船便の2ヶ月って今の時代に需要あるのでしょうか・・・。


編集後記

ちなみに、届いた書籍は、中国語が5冊、英語が4冊、IT系が5冊。
そして今回、大人買いしたのが、教育関連の9冊です。

内訳は、
「ラーニング教材の設計関連」・・・5冊
「カリスマ教師の・・・」・・・3冊
「専門学校SAPIXのカリキュラム」・・・1冊

理論、精神論、現場の知恵を学びます。

もちろん、これまでいろんな学習方法に触れてきたので、それなりに

「こういうのが良い教材・カリキュラムだ!」

という考えはありますが、これらは、体験から学んだだけなので、
おそらく漏れている「何か」があるはずです。
それを見つけて、今後のカリキュラム・教材設計に反映させようと思います。

■これまでの学習方法
・学校で授業をうけて、
・ソロバンを習って(日商2級。中学に入って野球が忙しくなったのでやめてしまいました)、
・専門学校、通信教育、PCソフトで学習して、各種の資格をとって、
・適正試験を導入してその内容や結果を分析したり、
・人材の採用や評価のために、教材や試験問題を作ったり、

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katu1109.blog49.fc2.com/tb.php/81-6692f2e0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

便利ツール

中日辞書 北辞郎

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。