Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katu1109.blog49.fc2.com/tb.php/147-4883bb7e

トラックバック

コメント

[C332] これが原因ではないと思いますが

こんばんは。ご無沙汰しています。

このことが原因ではありませんが、数年前うちの会社(グループ会社含めなので、相当数です)は
サーバ運用費削減を目的に大々的に中国にサーバ移行しましたが、
今度日本に戻すことになりましたよ。
こういう傾向はうちだけじゃないと思うんですよね。。。国の方針をかえないと難しいかもしれませんね。
  • 2009-11-26 18:35
  • よこま
  • URL
  • 編集

[C333] 基準がなぁ

どんな基準で規制がかかるのかがわかんないんですよね。
サービスを受けている人が多数いて、その中の1つに問題があった場合でも、全部を規制しているみたいですよね。
  • 2009-11-26 22:14
  • totomn
  • URL
  • 編集

[C334]

よこまさん

興味深い事例を教えてくださって、ありがとうございます。
大企業レベルでもそういった動きがあるのですね。

政府も、情報統制・国内産業保護と投資減・発注減のトレードオフで悩んでいると思います。

自由競争市場と半統制市場。
スタートラインが同じであれば、前者を選択するのが正解でしょうが、
IT業界の場合、あまりにもアメリカとの実力差が大きいですから、
現時点では保護するのが正解のような気もします。
(そうでないと、全部アメリカに持っていかれる?)

個人的には、政治的なことはしばらく忘れて、
ここ数ヶ月のことに全力を尽くすことにしました!!
  • 2009-11-29 21:42
  • かつしん
  • URL
  • 編集

[C335]

totomnさん、いつもありがとうございます。

> その中の1つに問題があった場合でも、全部を規制
そうみたいですね。。。
当局にサーバーを没収されるという話もよく聞かされます。
今回、アクセス不可になったJimdoはそれに近いパターンかと。(他の人が運営しているJimdoサイトは閲覧できたので。)

この手のサービスは、1つのサーバで複数のWebサイトを動かしているでしょうから、問題サイトがあったのでしょうね。

私の場合は、専用サーバで認証を取得しているので、
リスクは小さいと思いますが、
目立ってくると、確実にさされそうですし。

弁護士事務所の先輩によれば、「乗っ取り」は珍しくないそうですし、
広告代理店の知人によれば、「広告にいちゃもんをつけて稼ぐ人たちがいる。日系は一番のカモ。」
だそうです。

ホント、お人よしの私には勉強になる国です。(汗
  • 2009-11-29 21:52
  • かつしん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

インターネット規制( Google Sitesに続きJimdoでも )

Google Sitesが中国国内から閲覧できなくなって2ヶ月が経過しようとしています。
中国国内からは、検索結果にも引っかからないようになっています。

例えば「上海オフショア開発フォーラム」ですが、
Google日本(google.co.jp)からは、検索結果に表示されますが、
Googleチャイナ(google.cn)から検索すると、表示されません。

このような状況を受けて、Jimdoに移行する人が増えました。
例えば、妻の「猫の里親探し@上海」です。

しかし、ここにもインターネット規制の手が及びました。
半日かけて移行したそのサイトが、ここ1週間アクセスできません。
しかも、、、日本からもアクセスできないのです。

Jimdoサポートからの回答をご紹介しておきますので、Jimdoを利用されている方は参考にして下さい。


2009年11月25日

サイトにアクセスすることが出来ない状態に関してご報告いたします。

現在、サイトにアクセスできない理由として
システム的な障害等が原因ではなく中国政府側での規制が関係しているとのことでした。

原因に関する詳しい情報や復旧報告が入り次第、
改めてご報告いたしますので今しばらくお待ちいただけますでしょうか。

2009年11月26日

お問合せいただきましたサーバの件ですが
Jimdo Chinaより同じサーバー内のお客様にも影響が出ていると伺っております。

管理元へ復旧の依頼は行っておりますが時期に関しては
まだ明確な日程をお伝えすることが出来ません。


この問題はGoogle Sitesへのアクセス規制より重大です。
なぜなら、このサイトをホストしているサーバは「中国国内に設置」されているからです。
これまでは「中国国内のサーバなら安心」という前提がありましたが、今後は安心できません。

なんだかなぁ・・・。

■今後も中国に投資していいのか悩む。

いつどういう理由でインターネット上のサービスにアクセスできなくなるか
わからない状況というのは、非常にリスキーです。

お客様に品質を保証することができません。
少なくともSaaS形式でなく、イントラ内で提供する形にする必要があります。

日本に戻れば心おきなく、最新のインターネットサービスを使えます。
サーバを借りてもレンタル料は安いし、回線速度も速くて安いです。
IT機器も全般的に日本のほうが安い。

中国政府としては、言論統制に加えて、自国産業保護・育成という狙いがあると思うので、
仕方がない(というか正解)と思いますが、
小資本の外国人企業家としては、このまま投資し続けて良いのか真剣に悩みます。

大チャンス!!


【編集後記】
今日も晴れました。やや風が強い?

↓は夏に撮った写真です。
隣に広大な空き地があるので、上海市部にしては空が広いです。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katu1109.blog49.fc2.com/tb.php/147-4883bb7e

トラックバック

コメント

[C332] これが原因ではないと思いますが

こんばんは。ご無沙汰しています。

このことが原因ではありませんが、数年前うちの会社(グループ会社含めなので、相当数です)は
サーバ運用費削減を目的に大々的に中国にサーバ移行しましたが、
今度日本に戻すことになりましたよ。
こういう傾向はうちだけじゃないと思うんですよね。。。国の方針をかえないと難しいかもしれませんね。
  • 2009-11-26 18:35
  • よこま
  • URL
  • 編集

[C333] 基準がなぁ

どんな基準で規制がかかるのかがわかんないんですよね。
サービスを受けている人が多数いて、その中の1つに問題があった場合でも、全部を規制しているみたいですよね。
  • 2009-11-26 22:14
  • totomn
  • URL
  • 編集

[C334]

よこまさん

興味深い事例を教えてくださって、ありがとうございます。
大企業レベルでもそういった動きがあるのですね。

政府も、情報統制・国内産業保護と投資減・発注減のトレードオフで悩んでいると思います。

自由競争市場と半統制市場。
スタートラインが同じであれば、前者を選択するのが正解でしょうが、
IT業界の場合、あまりにもアメリカとの実力差が大きいですから、
現時点では保護するのが正解のような気もします。
(そうでないと、全部アメリカに持っていかれる?)

個人的には、政治的なことはしばらく忘れて、
ここ数ヶ月のことに全力を尽くすことにしました!!
  • 2009-11-29 21:42
  • かつしん
  • URL
  • 編集

[C335]

totomnさん、いつもありがとうございます。

> その中の1つに問題があった場合でも、全部を規制
そうみたいですね。。。
当局にサーバーを没収されるという話もよく聞かされます。
今回、アクセス不可になったJimdoはそれに近いパターンかと。(他の人が運営しているJimdoサイトは閲覧できたので。)

この手のサービスは、1つのサーバで複数のWebサイトを動かしているでしょうから、問題サイトがあったのでしょうね。

私の場合は、専用サーバで認証を取得しているので、
リスクは小さいと思いますが、
目立ってくると、確実にさされそうですし。

弁護士事務所の先輩によれば、「乗っ取り」は珍しくないそうですし、
広告代理店の知人によれば、「広告にいちゃもんをつけて稼ぐ人たちがいる。日系は一番のカモ。」
だそうです。

ホント、お人よしの私には勉強になる国です。(汗
  • 2009-11-29 21:52
  • かつしん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

便利ツール

中日辞書 北辞郎

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。