Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katu1109.blog49.fc2.com/tb.php/144-904e7ed8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

HTML5について→2011年までは忘れます。

網学堂のサービスのユーザインタフェースをどの技術を使って実現するかをあらためて考えました。
現状はFLEXでサーバからXMLデータをやりとりする方式です。

検討の一環として、Googleが喧伝している「HTML5」が気になったので、調べてみました。

結論としては、企業向けに提供するアプリケーション用の技術としてはまだまだ時期尚早。

・ブラウザ依存
・Internet Explorerが非サポート

というのがダメダメですね。

少なくとも2010年に普及することは無いと思います。
さらに技術的に難しくないので、容易にキャッチアップできそうです。
よって、HTML5は暫く忘れることにします。

「技術的には難しくない」の意味ですが、
私の理解だと、HTML5+CSS3は、画期的な変革ではなくて、
現状のHTML4+CSS2でも実現できていることを「より簡単に実現する」ための単なる改善です。

例えば、Webサイトのレイアウトを決める際に定番となっているのが
DIV要素のタグに「header,navigation,side,footer」を指定して、
スタイルシートで配置やサイズを調整するというものですが、
これらが、HTML5では、独自のタグとして用意されるので、コーディングが簡潔・簡単になります。

これが「難しくない」の意味になります。

なお、HTML5の目玉として、よく取り上げられるCanvasですが、
これもFlexを使っている私にとっては、「まだまだ」という感じです。

もちろん現状よりは2D/3Dの画像を描画しやすくなります。
現在はグラフを表示する場合はサーバ側で静止画を作成して表示したり、
FLASHを使ったりするのが一般的ですが、
canvasタグを使うとブラウザ側で描画できます。(描画にはJavaScriptを利用)

ということで、以下の選択肢を検討しましたが、現状どおり(3)で進めることにしました。

1.HTML4+CSS2+Ajax
2.HTML5+CSS3+Ajax
3.FLEX( ActionScript )+XML

なおHTML5については、以下の資料で勉強させていただきました。感謝!!
分かった気になるHTML5~開発者の視点から


【追記】2009/11/27
以下のような記事が掲載されているので、ご紹介しておきます。
HTML5はFlashやSilverlightを不要なものにする

【編集後記】
開発時間を捻出するため、メールの確認頻度を下げました。(週1回)
年初にリリースできるように頑張ります!!
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katu1109.blog49.fc2.com/tb.php/144-904e7ed8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

便利ツール

中日辞書 北辞郎

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。