Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katu1109.blog49.fc2.com/tb.php/134-7470309e

トラックバック

コメント

[C316]

上海駅は最近自販機がめちゃくちゃ増えて、その自販機が遅いので行列。何のための自販機なのやらという感じです。
南京駅を出るときにはホームから地下の出口まで歩いて、出口を出たら右折です。階段を更に下りると地下鉄です。

時間があるなら、駅の外の湖からの眺めはお勧めですよ。
  • 2009-10-22 19:26
  • ますみつ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

明日から馬鞍山です

23日(金)から25日(日)まで、安徽省の馬鞍山(まあんしゃん)に行ってきます。
中尾さんが開業された安徽開源軟件を訪問して、色々と情報交換をさせてもらってきます。

当初は、上海オフショア開発フォーラムの合宿という位置づけだったのですが、
人数が少なかったことなどから延期となりました。
私は月末にかけてBusyなので、開業祝いも兼ねて一足先にお邪魔することにしました。

妻に
いつも、自分はグローバル人材だ!って言ってるから余裕だよね。
ど揶揄されながらの一人旅です。(苦笑

馬鞍山には、以下の経路で行くことになります。

上海→(新幹線,約2時間20分)→南京→(地下鉄、約20分)→中華門→(白タク、約50分)→馬鞍山
※来年は上海から電車が直結するとのこと。

※白タクは乗客が4人集まるまで待機。(この場合20元/人)、80元出すと一人で行ける。

最大の難関は白タです。
既にいろんな人が利用している実績があるとはいえ、怖い。。。

4人集まった時点で一人20元で馬鞍山まで行ってくれるという仕組み。
80元(約1120円)出せば、一人で向かってくれるとのこと。
狭いのは嫌だけど、思わぬ交流ができそうな気もするし、4人待つかな。
一人のほうが帰って危険そうだし。

ありがたいのは、天狗ソフトの増満さんが、
Ruby会議に続く大規模イベント「カンフーRails」の手配で忙しい中、
とても充実した(上記の情報に加え、駅の出口番号付きなど)行き方を文書化して送ってくれたこと。
感謝です!!

ということですが、、、さっそく最初のハードルに直面しました。

あたりまえですが、新幹線のチケットを自力でゲットする必要があります。
新幹線に乗るのはこれで5回目ですが、
これまでは会社がチケットを手配してくれていたので。。。

出発時間、運行タイプ、列車番号等は、以下のサイトで情報をGET

■中国鉄道時刻網
http://www.shike.org.cn/

次にどこで買うかですが、旅行会社の知り合いに電話したら、
「チケット手配だけはやってないんです。。。」との答え。

Web上にそれっぽいサイトがあったのですが、不備があったので断念。

中尾さんが配達してくれるところがあると言っていたような気がしたので、電話したところ、
「上海駅以外のチケット売り場がある」ことを教えてもらいました。
一枚あたり5元のマージンがかかりますが、いつもそこで手配していたとのこと。

この情報を元に、
妻が持ち前のリサーチ能力で、上海駅の売り場、それ以外のチケット売り場を調べてくれました。
上海駅は広くて迷うかもしれない(そんなことはないでしょうが)ので、
静安寺のチケット売り場に行くことにしました。

静安寺のチケット売り場
乗車券の購入場所に関する情報(上海駅の売り場や、上記以外のチケット売り場)

で、なんとか購入できました。
ちなみに、価格のほうは、一等席(グリーン席)で片道112元(約1570円)。
南京までの所要時間は約2時間15分です。

ふぅ。グローバル人材になるのも大変です。(笑
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katu1109.blog49.fc2.com/tb.php/134-7470309e

トラックバック

コメント

[C316]

上海駅は最近自販機がめちゃくちゃ増えて、その自販機が遅いので行列。何のための自販機なのやらという感じです。
南京駅を出るときにはホームから地下の出口まで歩いて、出口を出たら右折です。階段を更に下りると地下鉄です。

時間があるなら、駅の外の湖からの眺めはお勧めですよ。
  • 2009-10-22 19:26
  • ますみつ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

便利ツール

中日辞書 北辞郎

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。