Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katu1109.blog49.fc2.com/tb.php/112-a90ed07a

トラックバック

コメント

[C245]

昨今のLinuxはあっさりですよ。
ubuntsについてはインストール云々よりも派生版が多くてどれにするか、ってとこで検討が必要かも。
まあ、debianベースですから根っこは同じだとは思うのですが。
オフィス系ならばOpenOfficeなんでしょうけど、使ってみたけど微妙に・・・
まあ、開発用にubunts機(Webサーバー兼用)と日常用にWindows機(クライアントテスト機兼用)ってのがよろしいかと。

PS.
最近のLinuxはapt-getコマンドとかで依存関係を解決してするすると環境設定できます。
サーバー管理よりもRubyの習得に重きを置くならばあまり根本原理にこだわる必要もないと思いますし。
  • 2009-06-01 20:50
  • totomn
  • URL
  • 編集

[C246]

totomnさん

いつもありがとうございます。

> あまり根本原理にこだわる必要もないと思いますし。
そうなんです。
目的はアプリケーション開発ですから。
ライブラリの機能とインターフェースだけが重要で、
中身がどうなっているかは興味ありません。

なのに環境構築にこんなにかかるなんて(涙

互換性、依存関係、リファレンス、文字化け、...
こんな苦労は.NETではありえませんでした。
Visual Studioって、やっぱり高いだけの価値があるんだなぁと。

あれ、違う話になってしまいました。(汗
  • 2009-06-02 04:21
  • かつしん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【KatzのRails学習記 for ラーニングシステム】

オープンソース開発の有識者の方には常識なのかもしれませんが、
Windows上でRuby/Railsアプリケーションを開発するのは無謀でした。
以下の問題があります。

・情報量が少ない・・・TipsがLinux向けであることが多い
・Windowsだと使えないプラグイン・ライブラリがある
・余計なもの(Cygwin等)をインストールする必要がある。

画像認証プラグインを使おうと思ったのですが、
インストールエラーがでたり、芋づる式に必要な追加ライブラリがでてきたり、
3時間くらい浪費してしまいました。(涙

対策として以下が考えられます。

選択肢 長所 短所
1 Macを使う ・Rubyがプリインストールされている。
・アプリケーションが豊富

・本番環境への移行が容易
高い!
2 Ubuntuを使う ・安い!(無料)
・本番環境への移行が容易
インストールが大変?
アプリケーションが少ない?
3 開発プラットフォームを
ASP.NETに切り替える
・開発環境・ライブラリに習熟しているので生産性が高い。 高い!
・運用する時に、Windowsサーバ(IIS)を必要とする。→コスト高
・IDEが高い

総合的に判断してUbuntuですが、インストールやオフィス等のアプリケーションが少ないという不安がありました。
しかし、中尾さん曰く

「困る人がいたら見てみたい」

というくらい簡単だそうですし、
王さん曰く、

「私はVMWare(VirtualBox?)上で使ってるけど」

とのことで、仮想マシン上でUbuntuを使うことに決定しました。

助言ありがとうございます。

仮想マシンの選択肢としては、VMWare、VirtualPC、VirtualBoxがあるのですが、
以下の比較ページの情報から「VMware」にしました。

Windows Vista に「仮想マシン」ソフトでWinXP環境を導入して、その優劣を比較

で、早速ダウンロード開始

VMware用仮想マシンのダウンロード

700MBを超えているので、1日くらいかかりそう。(涙


【編集後記】
昼寝していたら、いつのまにかハナが隣で寝てました。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katu1109.blog49.fc2.com/tb.php/112-a90ed07a

トラックバック

コメント

[C245]

昨今のLinuxはあっさりですよ。
ubuntsについてはインストール云々よりも派生版が多くてどれにするか、ってとこで検討が必要かも。
まあ、debianベースですから根っこは同じだとは思うのですが。
オフィス系ならばOpenOfficeなんでしょうけど、使ってみたけど微妙に・・・
まあ、開発用にubunts機(Webサーバー兼用)と日常用にWindows機(クライアントテスト機兼用)ってのがよろしいかと。

PS.
最近のLinuxはapt-getコマンドとかで依存関係を解決してするすると環境設定できます。
サーバー管理よりもRubyの習得に重きを置くならばあまり根本原理にこだわる必要もないと思いますし。
  • 2009-06-01 20:50
  • totomn
  • URL
  • 編集

[C246]

totomnさん

いつもありがとうございます。

> あまり根本原理にこだわる必要もないと思いますし。
そうなんです。
目的はアプリケーション開発ですから。
ライブラリの機能とインターフェースだけが重要で、
中身がどうなっているかは興味ありません。

なのに環境構築にこんなにかかるなんて(涙

互換性、依存関係、リファレンス、文字化け、...
こんな苦労は.NETではありえませんでした。
Visual Studioって、やっぱり高いだけの価値があるんだなぁと。

あれ、違う話になってしまいました。(汗
  • 2009-06-02 04:21
  • かつしん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

便利ツール

中日辞書 北辞郎

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。