Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katu1109.blog49.fc2.com/tb.php/103-d61df5a3

トラックバック

コメント

[C221]

素晴らしいプレゼンでしたね。本当に得した気分でした。ご来場ありがとうございました。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

第一回中国Ruby会議 in 上海(まつもとゆきひろさん講演)


昨日(21日)、上海の漕宝駅の近くに有る光大会議中心で
中国初のRuby会議が開催されました。
主催者の一人に、天狗の増満さんが名を連ねておられます。

9時~17時まで10個弱のセッションが組まれていて、
基調講演は、Rubyの産みの親である「まつもとゆきひろ」さんの講演。
早めに到着したので最前列に陣取って、講演を聞かせていただきました。



「英語」の原稿を「日本語」で話して、「中国語」に通訳するという三ヶ国語の講演です。

最初に「ムーアの法則」から入って、
コンピュータが昔のスパコン以上の性能になって、誰でも買えるようになって、...
という前フリの後、

でも、「人間」はそれほど性能は良くなっていない。

そして、

生産性を上げる手段の1つに"プログラミング言語"があるという展開。

まつもとさんの良い言語の定義の1つは
思考を助けてくれる。思考を邪魔しない
そうです。

思考を邪魔する例として、以下のようなエピソードを教えてくれました。

まつもとさんが最初に学んだプログラミング言語は「BASIC」だったそうですが、
BASICには「再帰」が実現できなかったので、
当時は、再帰を理解することができなかったそうです。

その他、学習容易性、記憶容易性当の点で「Ruby」は優れているとのことでした。

【こぼれ話】
講演の中で「記憶容易性が悪い言語がある。名前はいいませんけど」という話があったので、
その後の食事会の時に「あれは何でしょうか?Javaですか?」と聞いてみたところ、、、
Perlとのことでした。

Rubyを適用できる範囲としては、
メインストリームであるWebアプリケーション(有名Ruby On Railsはこの範疇)のほかに、
Text処理、XML処理さらにGUIプログラミングもできるとのことです。

■Rubyの開発にあたっては、
Perlをバラバラにして、LISPの文法とSmall Talkのオブジェクト指向の考え方をメインにして、
CLUからIteratorを持ってきて、Pythonもちょっと参照しながら、組み立てたそうです。
(図にするとこんな感じかな。)






あまり込み入った話はなかったのですが、テンポがよくアッというまの講演でした。

それにしても、随分、観客がたくさんいるなぁ~~~と思っていたら、
なんと450人の来場者があったそうです。



あと、講演とは直接関係ないのですが、

「中国の聴衆は反応が良い」

と感じました。

え?ここで笑うんだ?というくらいのちょっとしたユーモアにも反応していました。

例えば、

「自宅のパソコンは家族の数より多い。→妻は、気に入らない。」
「ムーアの法則は人間には当てはまらない。→人間は性能が良くならない」
「Rubyを使っていると、自分を賢いと感じることができる。」
「記憶容易性が低いプログラミング言語が有る。名前はいいませんけど。」
「モノには使う場面がある。自転車は有用な乗り物だが、中国から日本に行く時には使わないですよね?」
「(プレゼン資料の中のハートマークをさして)このハートは手で書いたがうまく書けなかった。人間の心は難しいですね。」

という言葉に笑いが起こります。

さらに、「仕事のためのプログラミングも楽しんでやりたいですよね?!」

という一言には自然発生的に拍手が起こりました。

おそらく、上記の内容だと、日本では「うなづく程度」だと思うのですが、
中国では違うのだなぁと思いました。

もちろん、まつもとさんのオーラもあるのだと思いますが、
国民性も大いにあるのではないかと思いました。

増満さん、素晴らしい企画、ありがとうございました!!


【編集後記】
講演後の質疑応答は、「英語」がメイン。
中尾さんに通訳してもらいながら、語学ができない恥ずかしさを噛み締めました。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katu1109.blog49.fc2.com/tb.php/103-d61df5a3

トラックバック

コメント

[C221]

素晴らしいプレゼンでしたね。本当に得した気分でした。ご来場ありがとうございました。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

便利ツール

中日辞書 北辞郎

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。